すずかいとう皮膚科クリニックHOME > 症状・治療方針

症状・治療方針

レーザーフェイシャルによるイボ治療

レーザーフェイシャルとは
ロングパルスアレキサンドライトレーザーを全顔に照射する施術で、
脱毛、毛穴、たるみに有効な、定番メニューの一つです。

実は、老人性いぼ(脂漏性角化症)にもとても効果的です。
老人性いぼ(脂漏性角化症)は、紫外線ダメージにより、老人性しみ(老人性色素斑)から生じる茶色の凸凹した出来物で、歳とともに誰にでも生じてきます。

放置しても問題ありませんが、整容的に問題となります。
治療は液体窒素による凍結療法を繰り返し行うのが一般的(保険診療)ですが、
自費診療にてレーザーフェイシャルを行うのも効果的です。
こちらも一か月おきに繰り返し5~6回行います。特に施術後の処置は必要ありません。
他、CO2レーザーによる蒸散もよい適応となります。1度できれいになりますが、傷が治るまでシールを貼っていただく必要があります。
老人性いぼが多発していて面倒な処置が嫌な方はレーザーフェイシャルがよい選択となります。

自費と保険治療の両方を同時に行うことはできませんのでご注意ください。
どちらかを選んでいただく事になります。

記事カテゴリー:レーザーフェイシャル

Qスイッチレーザーによる老人性色素斑の治療

老人性色素斑とは顔面、手背などの露出部中心に、紫外線による皮膚老化の症状の一つとして現れます。小さいものから大きなものまで様々です。

老人性イボへと進行するものもあります。

老人性色素斑の治療の第一選択はQスイッチレーザーです。
当院では米国cutera社のQスイッチヤグレーザーMyQ Dualにて
532nmの波長にて治療を行います。

照射後はしっかりとシールで1~2週間、覆い続けて頂きます。
きれいにピンク色になった後、一過性に炎症後色素沈着をおこし、半年~の経過で
薄くなっていきます。

自費診療です。

記事カテゴリー:Qスイッチレーザー

酒さ、酒さ性ざ瘡

酒さ は頬の赤み、血管拡張、とニキビ様発疹が認められ、
温熱刺激、紫外線刺激によりほてりをきたします。

明確な診断基準はありません。血管拡張と、ニキビにしては面皰が少ない、
ほてりの症状が強い、等から診断します。

治療は ミノサイクリン内服、メトロニダゾール外用が第一選択となります。
アゼライン酸外用、ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール)にても改善したという報告があります。
また美容領域ではIPL治療も選択されます。

当院で加療した方ですが、ミノサイクリン内服2か月程度、メトロニダゾール外用、
アゼライン酸、等の治療で改善、その後ケミカルピーリングにてほぼ寛解を保って
います。酒さでお困りの方は当院へご相談ください。メトロニダゾール外用の処方も行っております。

記事カテゴリー:酒さ

グラッシュビスタ

2か月お使いになった方です。
塗ったり塗らなかったりと言っておりました。
見事にふさふさしています。

グラッシュビスタ 睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)
まつ毛育毛剤は巷に溢れておりますが、厚生労働省認可はグラッシュビスタのみ。
17,500 税別 診察、処方込みです。

記事カテゴリー:グラッシュビスタ

当院設備

当院の設備をご紹介します。
できる限りさまざまな皮膚疾患に対応できるように、機材を選定しています。
開業後も3台の新機器を導入しています。
2017年も新たに数機種の導入を検討しております!。


★ピコレーザー ピコシュア PicoSure
レーザー機器の最高峰、ピコレーザーをついに県下で初めて導入。しみ、タトゥーの他、しわ、ニキビ痕の効果もFDA承認。2017年6月9日より稼働開始!。サイノシュア製

★皮膚エコー 
皮膚のできものの検査に用います。手術前に腫瘍の状態を評価するのに用います。
当院では、年間300例以上の手術を行っております。GE製

★reBeau レビュー JMEC
顔の状態をしっかり把握するための診断機です。
常に同条件で撮影できますので、現在のお肌の状態がしっかりわかります。
フェイシャルのコースの方は定期的に撮影して改善の度合いを説明いたします。
また出力調整、メニュー変更などの判断にも用います。

★ICON(アイコン)東海地区初導入の最新IPL治療機です。
NEW! H27.12より導入いたしました。

IPLというのは光治療、フォト治療(有名なのはフォトフェイシャル)と呼ばれるシミ、しわ、赤みに対して行われる治療です。ICONは世界最高出力と抜群の冷却能力を持った最新機器で、シミのみならず、赤みにはレーザーに匹敵する効果がある報告も多数ある最新機器です。米国サイノシュア社。
対象疾患は、老人性色素斑(老人性しみ)、いぼ(老人性疣贅)、そばかす、赤いニキビ、赤いニキビ瘢痕、手術後の赤い瘢痕、赤ら顔、酒さ、などです。

★エンビロン イオンザイム
NEW! H27.12より導入いたしました。
元祖抗酸化ビタミン配合の化粧品といえばエンビロン。ビタミンAを中心とした抗酸化ビタミンで肌の状態を整え、ハリとキメをもたらします。ホームケア製品に加え、当院にてもプロフェッショナルケア第一弾として、エンビロンクールビタミントリートメントを始めました。

★クリアタッチS JMEC
H27.3より導入しました。ニキビ治療で多くの方に受けていただいています。

★ナローバンドUVB デルマレイ200
311nmの波長の紫外線治療器です。主に全身の皮膚病変に対して使用します。
尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、類乾癬、菌状息肉症などに対し、週に1~2回の治療で、数回~10回程度で反応が期待できます。
一番頻度が高いのは乾癬の患者さんです。
初めての場合はMED(最少紅斑量)を測定して、最適な照射エネルギーから照射を開始します。翌日判定が難しい場合は日本人の平均MEDの約1/4程度から開始して徐々にエネルギーを上げていきます。
UVA照射も可能ですが、検査照射以外は行っておりません。

★エキシマライト エキシマーシステム308
308nmの波長の紫外線治療器です。照射エネルギーが大きいため、1ショットは数秒で終了します。光の深達度はエネルギーが大きいほど深く、限局された難治性病変や、ナローバンド治療で残った病変、尋常性白斑、掌蹠膿疱症に用いることが多いです。照射範囲が狭いので、徐々にエネルギー量を上げて照射していく方法をとっています。

★イオントフォレーシス 東京医研
水道水イオントフォレーシス法にて掌蹠(手のひら、足の裏)多汗症や慢性皮膚疾患の治療を行います。妊婦、重度の心疾患(ペースメーカー)などの方は治療を行えません。

★エレクトロポレーション Spring 
電気穿孔法にて電荷をもたない薬剤を皮膚に浸透させることができます。
ビタミンC、トラネキサム酸、プラチナナノコロイド(成長因子MIX)の導入を行っています。
難治性ざ瘡や美容目的、レーザー、ピーリングなどに相性バッチリです。

★Qスイッチヤグレーザー Myq Dual
532.1064nmの2種類の波長を照射できるレーザーです。
表在性(老人性色素斑、雀卵斑)、深在性色素病変(ADM)、肝斑、レーザーカーボンピーリングなどに用います。
(あざにも有効ですが保険適応がありませんので、治療できる病院をご紹介します)
刺青はぼちぼちやっておりますので、ご相談ください。米国cutera社。

★CO2レーザー CO2RE 
高性能スキャナ搭載の最新CO2レーザーです。当院が県下で最初に導入しました。
さまざまなサイズのできものを、均一な深さで蒸散することができます。
ほくろ、老人性いぼの治療に大活躍しています。
またフラクショナル照射(皮膚に均一で細かい穴を多数あける)ができることもこの機器の特徴で、ざ瘡瘢痕(凸凹)、外傷性瘢痕の治療に用います。
最近は爪白癬にも用いています(無料)。米国シネロンキャンデラ社。

★ジェントルマックスプロ
アレキサンドライト、ヤグ、2種類のレーザーが照射できる複合機器です。レーザー脱毛のスタンダードであるジェントルレースにヤグが加わり、ビームプロファイルも改良されたシリーズ最上位機種で、現在県下に2台しかない最新機種です。
脱毛、フェイシャル、しみ、リフトアップに用います。
最大スポットサイズは直径18mmもあり、わき脱毛でしたら片方30秒以内に照射終了します。ガス冷却で確実に表皮を保護し、皮膚に接触する部分はわずかで衛生的、かつ、スピーディーに照射が終了します。米国シネロンキャンデラ社。
→最新プローブ24mm導入しました。これにより、よりスピーディーに、よりパワフルに脱毛が可能になりました。

顕微鏡、ダーモスコープ、液体窒素、高周波メス、バイポーラ、生体モニタ、AED などの基本機器はもちろんあります。

記事カテゴリー:当院設備

ページ・トップへ ページ・トップへ