鶏眼(けいがん)うおのめは 足の裏、指の間など、
物理的刺激をうけた皮膚が、くさび状に硬くなり、痛みを伴うようになったものです。写真1
胼胝(べんち)たこ は同じく物理刺激で皮膚が厚く硬くなりますが、うおのめのようにはならず、平らに硬くなります。

足の変形、歩き方、靴があっていない、などの原因で起こります。
足の裏のクッションが年齢とともに悪くなるので、歳とともに起こりやすくなります。

治療は、ニッパーなどで芯ごとくりぬいてやります。写真2

スピール膏などを使用し、はがし取る方法もありますが、
上手にできる方と、できない方の差が激しく、そもそも足の裏に
シールを貼れない、という方も多いです。
好みの問題もありますが、私は外来で芯を切り取る処置をします。

だいたいの方は、その後すぐに痛みは楽になります。
しかし、上述の原因でおこる習慣病のようなものですので、
対策をしないと繰り返しできてしまいます。
靴を見直したり、足の変形が強い場合には整形にて足底版を作ってもらったり、
対策もなかなか難しいのですが、、。
特に糖尿病のある方は難治性潰瘍となることもあり、十分な注意が必要です。

記事カテゴリー:鶏眼 うおのめ