盛り上がった老人性いぼ(脂漏性角化症)、ほくろ(色素性母斑)は
CO2レーザーを用いた治療が良い適応になります。

高性能スキャナー付きCO2レーザー(CO2RE)を用いて、均一に削りとっていきます。

処置のあとは、シールを用いて、傷を乾燥させないように注意深い処置が必要です。

メリットはほぼ一度で治療が終了する点と、最小限の侵襲である点です。

デメリットとしては再発が時折ある(ほくろ)のと病理検査ができない点です。
ダーモスコープで確認して、良性のいぼ、ほくろのみにこの治療を行います。
確信できないものは切除を勧めています。ご了承ください。

自費診療になります。

記事カテゴリー:CO2レーザー