30〜40代の女性に好発しますが、男性でもみられます。
目の周囲を避け、両頬に淡い色素斑を生じます。
紫外線、擦過(皮膚をこすること)妊娠、経口避妊薬等にて生じ、悪化します。
Qスイッチレーザー等で悪化することがありますので注意が必要です。

治療は 
皮膚をこすらないこと(重要)
紫外線ケア
ビタミンC、トラネキサム酸内服、および導入(エレクトロポレーション)
美白ケア(ハイドロキノン、ルミキシル)
そして、肝斑トーニング(レーザートーニング)
となります。

トーニングとはヤグレーザーを低出力で照射する施術です。
シミを焼く、のではなくマイルドに色素の排出を促す治療です。
トーニングは2週から4週おきに繰り返し行います。

記事カテゴリー:肝斑トーニング