IPL(アイピーエル;intense pulsed lightの略)は、光治療、フォト治療、フォトフェイシャルと呼ばれる治療です。

シミやしわ、赤みなどに対しての美容施術の定番で、現在も大変人気のある治療メニューの一つです。

シミ治療の第一選択はQスイッチレーザーなのですが、施術後にシール保護や、炎症後色素沈着などの反応が問題となります。また、シミ治療をしていることが他人にわかってしまう、という点を気にされる患者さんも多くいらっしゃいます。
IPL(フォト治療)では一回の効果はQスイッチレーザーに劣りますが、施術後にすぐお化粧ができたり、シールなどの処置は必要ありません。
また、QスイッチレーザーにないIPL(フォト治療)の効果としては、お肌の赤みの改善や、ハリを出す効果がある点です。

ですので、このIPL(フォト治療)は、治療を受けていることを気づかれたくない方で、繰り返していくことにより、シミ以外にもお肌の調子をトータルで改善させたい方に向いております。

当院で導入している機器は、
サイノシュア社の最新最上位IPL治療機である、ICON(アイコン)です。
ICONは世界最高の出力と冷却性能を備えた最新のIPL機器です。
東海地方で当院が最初に稼働を開始!しました。

この機器の特徴としては、、、

サイノシュア社の独自フィルターにより、シミ病変のみならず、赤み病変にも色素レーザーに匹敵するほどの効果を持ちます。

またスムースパルスという発振方式であるため、(IPLでよく見られるのは、細かいパルスを数回発振する疑似パルス)、表皮のダメージを最小限にしつつも、しっかりとエネルギーを伝えることができます。

IPLにつきものだったジェルも不要な設計なので、施術後にジェルを洗い流す必要がありませんので、不用意に皮膚をこすりすぎてしまうこともありません。


ICONの対象疾患は以下になります。

●シミ病変
老人性色素斑(老人性しみ)、いぼ(老人性疣贅)、そばかす
●赤み病変
赤いニキビ、赤いニキビ瘢痕、手術後の赤い瘢痕
赤ら顔、酒さ、老人性血管腫 
●しわたるみの改善


★IPL(フォト治療)の QandA

Q;痛くないですか?
A;照射毎にピリッとした痛みがあります。痛みの感じ方は個人差がありますが、
耐えられない痛みではありません。通常は塗る麻酔による表面麻酔も必要ありません。あまり痛みが強い場合は出力を落とした方が安全です。

Q;治療後に処置は必要ありませんか?
A;IPL(フォト治療)メリットは、Qスイッチレーザーの様に、シールを貼ったり、お化粧ができなかったり、という事はなく、施術後の保護が不要なことです。そのままお化粧をしてお帰り頂けます。
敏感な方ですと、照射後の赤みが残存することもありますが、翌日にはほとんどの場合、落ち着きます。シミの部分がうっすらとサカブタとなることがありますが、決してこすらないようにしてください。

Q;何回ぐらい受けないといけませんか?
A;1度でも一定の効果はありますが、一か月毎に、6回~10回程度の施術をお勧めしております。その後は頻度を落として3か月おき程度にするのがよいでしょう。

Q;日常生活の制限はありませんか?
A;ありません。が、お肌をこすらないことと、しっかりと紫外線予防だけはお願いいたします。


★IPL(フォト治療)料金
初診料;3,000
再診料;なし
照射料;初回全顔12,000/1回、二回目以降16,000/回
    コース6回 72,000(一回当たり12,000)
    コース3回 45,000(一回当たり15,000)
部分照射のみ3ショット5,000(全顔照射なしで一部分のみの照射)

〇当院自費診療初診の場合で、初回照射
3,000(初診料)+12,000(初回照射料)=15,000円+税
(当院にてほかの自費診療を受けたことのある場合は初診料はかかりません)
〇2回目以降(コースではない場合)
16,000円(単回照射料)+税 

2015年末に導入。毎月50名以上の方が施術を受けております。


記事カテゴリー:IPL(フォト治療)