◉レーザー、IPL(フォト治療)受けられない方

レーザー脱毛、IPL(フォト治療)、レーザーフェイシャル、
トーニング、カーボンピーリング、CO2レーザーを含みます。

・妊娠中の方、光線過敏症、膠原病、ポルフィリン症、
    てんかん既住の方、免疫異常、がんの治療中の方
・リウマチなどで金製剤を使用したことのある方
・抗凝固薬(血液をさらさらにする薬)を服用中の方
・ケロイドができやすい、できている方
・脱毛を考えている部位に、
   強い日焼けをしている方、
   アートメイク、入れ墨がある方(※レーザー照射により変色します)
   ヘルペスやひどい傷がある方
・高度の月経異常のある方、重度の糖尿病のある方
・HIV感染の疑いのある方、飲酒で衰弱の激しい方、透析中の方
・その他、医師が不適当と判断した方

記事カテゴリー:レーザー、IPL(フォト治療)を受けられない方